弁当の種類

昔でいう仕出し弁当と似ている

宅配弁当は昔でいう仕出し弁当と似た性質を持っていますが、
現代風にアレンジされてきています。

従来の仕出し弁当は注文を受けた分だけ製造し、
求められた場所にに配達するスタイルで、
中身は弁当店側の提案から選び出すものでした。

そして栄養価やアレルギー対策などあまり考慮されていなかったのも事実です。

そして配送料を含んだ価格で市場に展開していたのです。

ですが現代の宅配弁当は大まかに二つに分かれます。

一つはこれまでの仕出し弁当の流れをさらに消費者向けに改良したもので、
おいしさと料金とバラエティーが売りになっている物です。

そしてもう一つは高齢者向けのデイリーな宅配弁当。

買い物難民や一人暮らしの老人の食を支えるケアとして、
栄養面や保存性などさまざまな内容で展開していて、
自宅に届く弁当だけではない宅配弁当のジャンルが確立しているのです。

巷の弁当店とも違う独自の優位性を掲げて社会に認知されてきているのです。

この二つのスタイルが今の弁当界を支えているのです。

 

注目されている宅配弁当

宅配弁当は何も一般家庭だけに配達する物ではありません。

企業の会議用として、ロケ弁当として、
さらにイベントに使う弁当として様々な用途が模索されています。

そして企業向け弁当の特徴として、
数の多さ、配達時間の厳守など独自の使い勝手をしっかり網羅しているのも特徴でしょう。

そして個人向けの宅配弁当には、
月間通して栄養面を補助するメニュー構成で訴求する宅配弁当

さらに満足感を満たすボリュームある弁当など種類も多彩です。

コンビニ弁当のレベルが上がる一方で、宅配弁当の優位性は出かけられない方、
出かける先で受け取るスタイル、大量なオーダー、といった特徴がみられるのです。

味覚の面でも非常に向上して、弁当だから、という残念感もありません。

様々な用途を見つけ出しすべからく対応する宅配弁当の戦略は、
現代社会に即していると言えるでしょう。

自宅の一食として安定あるバラエティーなセレクトも、
昨今では注目されていて、今後躍進すると見込まれています。

Just another WordPress site